いま、おすすめのウォーターサーバー(2017/09/24)
プレミアムウォーター【初期/レンタル/送料すべて無料】
日本人が慣れ親しんだ軟水で赤ちゃんも安心。初期/レンタル/送料すべて無料(送料は一部地域を除く)で、必要なのはお水代金のみ。シンプルでおしゃれなデザインで部屋にもよく合います、最近はブラックが人気です。

キリン アクウィッシュの使用感想

キリン アクウィッシュの使用感想(2/2)
口コミ体験ウォーターサーバー:キリン アクウィッシュ
口コミ体験者:GusaaN

飲み方、冷水の感想について

アクウィッシュの冷水と温水

さて、さっそく利用を開始してみます。

右側にある青色のボタンがある方がお水。
左側にある赤色のボタンがある方がお湯。

まずはお水から試したいと思います。青色のボタンを押しながら下にあるレバーを押すと水が出てきます。

レバーを押した後に青色ボタンを押しても良いみたいです。

蛇口の下に水をこぼしても床に落ちないための受け皿も用意してありました。この受け皿は上のフタも取れるようになっており、受け皿自体も取れるので洗うことが出来とても衛生的にウォーターサーバーを保つことができます。

さて、コップに水を入れてレバーを戻し、入水完了。特に水が滴ってしまう事無く無事に入れる事が出来ました!

正直、レバーとボタンを押すといった2重のロックが備え付けられていますが、レバーだけで全く問題ない気がしますが、安全のためにこのような構造を取っているんだと思います。

実際に冷水を飲んでみました。

とても冷たくて美味しいです。この冷たさなら氷は不要です。

お酒を水割りにして頂く方も氷は要らないかも知れません。そのぐらい、しっかりと冷えたお水が出てきます。

職場では普通に使っていますが、自宅にこのAQUWISHが来ると少し違った感情になり感動します。私だけでしょうか?

お水は富士山のお水を採用しているそうで、飲みやすい軟水です。ここもとてもポイントだと思います。

私は基本的に水道水を飲まず、いつもペットボトルのお水を通販で購入して飲んでいましたがこのウォーターサーバーを利用して考えが変わりました。

ただし、お茶を作る際はペットボトルのお水を利用しています。1リットルのお湯をやかんに入れるという作業が勢い良く水が出ないため面倒。あと、せっかく電気で温めたものだし勿体無い気がするからという理由と買い貯めしたおいたお水の消費先が無くなり使い道がお茶しか無いからです。

紙コップで飲んでいます

紙コップとウォーターサーバー

私は一人暮らしなのでコップを一々洗うことが面倒。

そのため、100円均一ショップでコップを購入して使い捨てにしています。

若干面倒くさがりな発想ですがこうすれば日々おいしいお水を衛生的に飲むことが可能です。

ただエコでは全くないので悪しからず。

利用前と利用後の違いについて

サーモスの水筒

私はいつも、出社のたびに500ミリリットルの水を購入していました。今はそのお水を購入するのが勿体無いのでマイ水筒を購入しました。水筒を持参することで、その点はとても経済的になりました。

さて、話を戻しまして、今までの自分の水との関わり方についてお伝えしたいと思います。以前は2リットルのペットボトルを12本購入して、それを飲み終わりそうになったらまた新しく12本を購入し直すというスタイルでした。

この場合、たまに水を切らしてしまい近くのコンビニエンスストアへ水を購入しに行く無駄な労力が必要になる場合が数ヶ月に一度あります。そういう日は仕事が終わってシャワーに入っていざ水を飲もうとした時に気が付き再度外に出るは目になるという事がありました。

このウォーターサーバーであれば水が切れる心配はほぼないですね。切れそうになる前に持ってきて下さいますからね。

お湯の利用方法について

っと、あとお伝えしていないお湯についてです。このお湯のために私はこのウォーターサーバーを注文したようなものです。

まず、湯を沸かすという労力が一人暮らしの自分には面倒なのです。思った時に直ぐにお湯を出してくれるそんな機械が会社にはあるのに自宅には無い。軽くホットコーヒーを飲みたい時に一々お湯をわかすという作業がどうしても面倒です。自宅で仕事や作業をしている時のブレイクが出来ないのと湯を沸かすという若干気を取られる作業がどうしても好きになれない。

それを解消してくれるのがこのウォーターサーバーです。まぁ、ポットを利用すればいいでは無いかと思われる事があると思いますがこれはコレで衛生的にいつも洗わないといけないですし、どうように飲みたい時に直ぐにお湯がある訳ではないのでダメなのです。

っという訳で現在の状況ですとウォーターサーバーを利用するのが一人暮らしでは一番選択となる訳です。

そして使っていくうちに色々と試したくなるものです。

最初はホットコーヒーにのみ利用していたのですが、そのうちにお味噌汁を飲む時にも簡単に利用出来るなぁと考えてインスタントお味噌汁を購入して飲んだり、コ-ンス-プの素を購入して飲んだり今までの自分の選択肢には入らないような物まで購入して愛飲するようになったのです。

冬の時期なので何かと温かい物を飲みたくなるので本当に重宝します。そして、一人暮らしの男性であればよくお世話になるのがインスタントのカップ麺です。まず気になっていた事はお湯はどれ位に温かくカップ麺をほぐせるぐらいの温度なのか? っという事です。

コーヒー豆を溶かしたりお味噌汁を飲んだりする程度の温度は問題なくあるのですがこの麺をほぐせるのか? っという事で検証です。

問題なくカップ麺をほぐせるか

カップ麺にお湯を注いでみて3分。問題なくカップ麺をほぐせるか?

う-ん。やっぱり沸騰したお湯を入れている訳ではないため、ほぐす時間は3分とはいかないと思います。

ただ、全くダメという訳ではなくほぐせて食べる事はできます。時間を3分半や4分ぐらいにして頂いた方が間違えないと思います。実際に温度は計っていませんが、相応の温度はあるので今後もこの機能を存分に活かして活用していこうと思います。

使い方いろいろについて

そして、今は1月なのですが冷水は飲みたくないけどお湯で飲むには熱いという時は冷水とお湯を入れてちょうどいい温度にして飲むことが出来ます。

私はサプリメントを服用しているのですが、錠剤型の物を水で飲む時は冷水だと飲み難いんです。なのでお薬を服用している方もお湯と冷水を混ぜて利用することでこういったことにも利用できます。

消費量について

このような使い方をしていると結構あっという間に7.15リットルを消費します。

1つのウォーターパックに7.15リットル入っています。それを消費するのに10日間ぐらい要しました。

そのため一日平均で考えると約0.7リットルを消費している計算になります。年末年始に帰省したりしたので正確な数値では無いですが、このぐらいの消費量でしょう。

ウォーターパックの交換について

ウォーターパックの交換

さて、ウォーターパックを交換するお話もさせて頂きたいと思います。

交換の時期に関して、いつやれば良いのか? っと思っていましたらその時が訪れました。それはホットコーヒーを飲もうとしていたら急にお湯が出なくなってしまったのです。気持ち的にはホットコーヒーを飲みたかったのですがこの水量では飲めないので仕方なしに作業にあたりました。

まずウォーターパックがぺしゃんこになっているのでロックを解除して外します。この取り外す方法はウォーターサーバーの上にあるフタを開けると書いてあるので是非参照しましょう。取り外しは以外に簡単に行なう事ができました。

その後に新しいウォーターパックを取り付け方です。

まず、新しいウォーターパックをウォーターサーバーの上に乗っけます。これをキレイに収納してさらに先ほど取り外すしたアタッチメント部分を新しいウォーターパックに接続して準備が完了します。

1度取り付けておりますので比較的最初の時よりもスムーズに行なう事が出来ました。ただ、気がかりが1つあります。

温めの時間もあるので、すぐにはホットコーヒーを飲むことが出来ないだろうなぁと思っていたのですが、交換してすぐにHOTのランプがついていたのでお湯を出してみるとしっかりお湯が出てきました!

仕組みはわかりませんが、ある程度お湯をプ-ルしているんでしょうね。とにかくすぐにお湯を出せるのはありがたかったです。

ウォーターパックのそこに水が余る

ただ、残念なのは交換をしたウォーターパックに数ミリリットルのお水がパックの中に入っているのです。既に交換してしまったので勿体無いなぁと思いながら処分したのですが、こういった残水が残ってしまうのはウォーターパックならではだと思います。
(ポンプ機能がありある程度、水を送り出すことが出来るのは承知していますが写真のとおり余ります)

ガロン系だったら間違いなく最後まで消費する事が出来ますがこれがウォーターパックならではの弱点かも知れないですね。

便利機能、マイページについて

このキリン アクウィッシュはWEBよりマイページを用意しており好きな時に注文を入れる事が出来ますし登録内容の変更も可能です。

他の会社のウォーターサーバーを利用した事が無いので比較は出来ませんがとても便利な機能だと思います。

料金について

マイページを確認すると過去の利用料金について確認することができます。私は一番少ない物で申込しているので1ヶ月、4,656円になります。これと電気料金です。キリン アクウィッシュのホ-ムペ-ジに記載されている電気料金は約972円となっているので合算すると5628円になります。

ちなみに、その他の会社でかかりそうなサーバーレンタル代金、サーバーの配送代金、メンテナンス費用はアクウィッシュだとすべて無料です。

実際にペットボトルを購入していた時はお水にかけていたお金は3000円だったので金額は上がりましたがそれでも利便性を考えるとそれは相応の物では無いかという解釈もできます。このサーバーが来て実際に口に運ぶものが変わりましたし簡易的になったのは事実ですからあとはその事に関する価値観の違いだと思います。

自宅で家事をする人からすれば私のような考えは愚かだと思う方もいると思います。また、ある人はそういうやり方があるのかと目からウロコが落ちた人も居るかもしれません。

感想の結論

結論、約6000円弱で自分の思い通りの時間を(コーヒータイム)実現できたり疲れて帰ってきて料理を作りたくない時にカップ麺で済ませたい時、とりあえず、温かいスープを飲みたい時、レバーとボタンを押せば温かい、または冷たいお水が出てくれるこのサーバーはありだと思いますし金額的に見ても相応と考えて良いと思いました。

以上が、内容になります。

私がキリン アクウィッシュの申込、到着、設置、利用方法とその感想を記載しました。今後ウォーターサーバーを利用してみようとご検討されている方に少しでもお役立ち出来たら幸いです。

ウォーターサーバー

KIRIN AQUWISH(キリン アクウィッシュ)
口コミ体験者

GusaaN
口コミ体験記事

KIRIN AQUWISH(キリン アクウィッシュ)口コミ体験記事一覧
キリン アクウィッシュの申し込み、設置をしました(1/2)
キリン アクウィッシュの使用感想(2/2)【現在閲覧中】