いま、おすすめのウォーターサーバー(2017/09/24)
プレミアムウォーター【初期/レンタル/送料すべて無料】
日本人が慣れ親しんだ軟水で赤ちゃんも安心。初期/レンタル/送料すべて無料(送料は一部地域を除く)で、必要なのはお水代金のみ。シンプルでおしゃれなデザインで部屋にもよく合います、最近はブラックが人気です。

料理にも、乳酸飲料にも、コーヒーにもクリクラの水が大活躍

料理にも、乳酸飲料にも、コーヒーにもクリクラの水が大活躍(6/8)
口コミ体験ウォーターサーバー:クリクラ(CreCla)
口コミ体験者:M.A

カップラーメンにお湯を入れるのもラクチン

コック下の受け皿

ここでひとつ気づいたことなのですが、カップラーメンにお湯を入れる時って、内側についている線までお湯を入れると思うのですが、カップを手で持っていると、どうしても斜めになってしまったりするので、線までちゃんと入っているのかわからないことがあります。

その時、コック下にある水の受け皿をつかうと、カップをまっすぐにできるので線が良く見えます。
ただし、カップをそのまま置けるほど広くはないので、きちんと手を添えることが大切です。

同じように、コップや軽量カップも、少し受け皿に乗せてあげると、量がはかりやすいです。

水とお湯を混ぜて使うことも! 料理にも! 使い方は無限大!?

ラーメンだけでなく、インスタントのカップスープやレトルト食品など、これまでお湯をわかして作っていたものはたいていがクリクラでもできますし、コーヒーや紅茶、ココアなどのインスタント飲料も完璧です。

やかんで沸かすお湯と、ポットのお湯と何の違いもありませんでした。

そして、冷水だと冷たすぎる場合に、お湯と水を合わせれば好きな温度の水が飲めます。
キンキンではないけれども冷たい水や、ぬるま湯などお好みに合わせて調整できるので、とても便利です。

クリクラを飲み水としか考えていませんでしたが、調理にも使えるとわかり、使用頻度が急にあがりました。

また、水ばかり飲んでいては飽きてしまう悩みも、これで解決です。
お湯で溶かして飲むタイプのココアやコーヒーなどの粉末を常備して、その時の気分で飲み分けることができます。
さらに、買い物に行って気がついたのですが、最近は水で溶かして飲む液体タイプの飲料も売っているんですね。
アイスコーヒーやアイスティーなどが多いのですが、このポーションに冷水を加えれば、すぐに冷たくて美味しい飲み物が完成です。

ちなみに我が家ではアイスティーのポーションを買い込み、そのままストレートで飲んだり、レモンティーにして飲んだりしています。
牛乳やコーヒーミルクがあればミルクティーも簡単にできますよ。
ティーバックでつくると、お湯を沸かしてから冷ます必要がったのですが、クリクラならホットもアイスもどちらもできちゃいますから、自分のお好みで飲めちゃいます。

色々な飲み物を試してみましたが、我が家での一番人気は乳酸菌飲料です。
水道水で飲むときは、氷を加えて冷たくしていたのですが、氷が解けてくると味が薄くなってしまうんです。
その点クリクラなら、冷水を加えるだけでとても冷たい乳酸菌飲料が飲めますし、氷が不要なので途中で薄まってしまう心配もありません。
最初から最後まで、冷たくおいしく飲むことができます。

最初の1本目のボトルは10日で空になりました

クリクラの活用法を探りながらちょうど10日でボトル1本が空になりました。

まず初日に大量に利用し、その後2,3日はコップで3杯ほど飲む程度でした。
4日目あたりでお湯を使うようになり、インスタントラーメンやカップスープに利用しました。
5日目以降、いろんな飲み物をクリクラで作って飲むようになったので、急激に使用量が増えましたが、その分冷蔵庫に作り置きしていた麦茶は作らなくなりました。

ボトル1本12リットルですから、よくスーパーなどで売っている2リットルのペットボトルの水6本分です。
そう考えると、かなり使ったように思いますが、それまで作っていた麦茶は2リットルのボトルが1日で空になってしまっていたので、それがないのと、食事や調理にもクリクラの水を使っていたことを考えれば、決して使い過ぎというわけではないようです。

このスピードだと、1か月でボトル3本を使いきる計算になりますが、ボトル1本で1260円なので1か月3780円、思っていたより安く済むようです。
月に5000円は覚悟していたので、ホッとしました。

初めに2本届けてもらっていたので、補充用の水があと1本あります。
これを使いきった空のボトルと交換です。