いま、おすすめのウォーターサーバー(2017/11/24)
プレミアムウォーター【初期/レンタル/送料すべて無料】
日本人が慣れ親しんだ軟水で赤ちゃんも安心。初期/レンタル/送料すべて無料(送料は一部地域を除く)で、必要なのはお水代金のみ。シンプルでおしゃれなデザインで部屋にもよく合います、最近はブラックが人気です。

宅配員さんに大感謝!場所移動からボトル設置まで

宅配員さんに大感謝!場所移動からボトル設置まで(2/8)
口コミ体験ウォーターサーバー:クリクラ(CreCla)
口コミ体験者:M.A

忘れがちな電源コンセント

クリクラを電源につなぐ

今回設置した場所はたまたますぐ後ろにあいているコンセントがあったので、電源にも困りませんでした。

ちなみにコードは2mくらいの長さで決して長いとは言えません。コンセントと設置場所が離れている場合には延長コードが必要になります。

とはいえ、ウォーターサーバーを設置するのは台所が多いと思います。台所はコンセントが多いので、それほど電源で困ることは少ないでしょう。むしろ、コードが長すぎると余ってたるんだコードが邪魔になりますし、足をひっかけて危ないこともありますから、これくらいがちょうど良い長さだと思いました。

宅配員の方に大感謝!場所移動からボトル設置まで丁寧に対応していただけました

クリクラの設置ですが、設置手順はまず宅配員の方がサーバーを指定した場所に置いてくれ、そこにボトルを乗せてくれました。

ボトルはサーバーの上に乗せるだけで、難しい設置方法などはありません。ボトルがセッティングされると、ゴボゴボと音がしてボトル内の水がサーバー内に入っていくようです。

宅配員の方のお話によると、サーバーの中に冷水用と温水用のタンクがあって、ボトルの水はそのタンクの中にいったん溜められるのだそうです。そこでウォーターサーバー特有の冷水と温水が作られるとのことでした。
このゴボゴボという音は、ボトルが正しく設置され、水がタンク内に入っていっている証拠なのですね。

サーバーを運ぶのも、ボトルを乗せるのも宅配員の方がすべてやってくださいました。こちらは場所や向きを指定するだけなので、設置で困ることはほとんどないでしょう。
後々配置の変更をする場合には自分で移動させなければいけませんが、全く持ち上がらないほど重いものではないので、1人運ぶことも無理ではありません。水のボトルが乗ったままでは、女性にとっては少々重たいので、楽々運べるとまでは言えません。

場所を移動させる際には、ボトルを空にしておくか、はずしておいた方が良いですね。一気には無理でも、少しずつ動かせば女性でも移動させることは可能です。
どうしても自分で移動させられない場合は、ボトルの交換に来てくれる宅配員さんに声をかければ手伝ってくれるそうです。