いま、おすすめのウォーターサーバー(2017/07/20)
プレミアムウォーター【初期/レンタル/送料すべて無料】
日本人が慣れ親しんだ軟水で赤ちゃんも安心。初期/レンタル/送料すべて無料(送料は一部地域を除く)で、必要なのはお水代金のみ。シンプルでおしゃれなデザインで部屋にもよく合います、最近はブラックが人気です。

クリクラの水体験デビュー

クリクラの水体験デビュー(1/3)
口コミ体験ウォーターサーバー:クリクラ(CreCla)
口コミ体験者:hajimete

父の会社でクリクラを使っていたから

今回クリクラのウォーターサーバーを選んだのは、父の会社で使っていてとても便利だったという事からでした。

冷水はそのままで十分冷えていて夏でも美味しいし、お茶は温水コックをひねるだけですぐに飲める、お湯を沸かさなくていいから手間がかからない、と聞き、緑茶が大好きな我が家では電気ポットで沸かしたお湯もすぐ使ってしまうので、いつもお茶入れの準備はジャンケンで決めるほど億劫な作業でした。なので、お湯を沸かさなくていいクリクラはとっても魅力的だったのです。

ウォーターサーバー→水が出るだけで大きくて厄介なもの、と思っていた私は、かなり興味がありました。加えて地震や台風など、災害時への備蓄を色々と検討していたところでした。

父が使っていて最初からクチコミが聞けていて安心だったのと、初期費用がかからない手軽さから、クリクラを試してみよう、となったわけです。

思っていたよりも意外とコンパクトな大きさでした

クリクラ設置には作業員の方が一人来てくださいました。ネットなどで見ていたイメージだと大きくて重たそうなイメージを想像していたのですが、運ばれてきたサーバーは白ベースの色の本体だからそう見えるのか、意外とコンパクトで驚きました。

設置も簡単で、サーバー設置→サーバーの上に水の入ったボトルを乗せる、という時間にして20分もかからないくらいで設置は終了しました。複雑な設置作業を想像していたので、呆気に取られました。これなら自分で移動→設置するときも簡単に出来そうです。

ただ、サーバー本体・タンクを持たせてもらったところ、サーバー本体は15kg程、タンクも1タンク12L入っているので、個人の体力差もあるでしょうが、さすがに女性の力でひょいと、という訳にはいかなそうです。

この設置作業の時に、当分の我が家のサーバー移動・タンクの交換作業は父の役割に決定しました。

食卓のすぐ横のワゴンの上に卓上タイプのクリクラを置きました

設置場所は家族が集まるダイニングスペース。食卓のすぐ横のスペースの、高さ1m×奥行55cm×幅30cm程の大きさのワゴンに乗せ、使用することにしました。

キッチンもすぐ後ろ、飲料水・調理等にすぐ使える家事動線に効率の良い場所に設置する事を決めました。

我が家では食卓の端のスペースに乗せて使う場合も考慮し、卓上タイプのクリクラサーバーSを選びました。

よく病院や会社の事務所などで見かける一般のウォーターサーバーは、高さのある床置きタイプのものがスラッとしていて見栄えも良いかもしれませんが、我が家のようなさほど広くないマンションの一般家庭だと、
・タンクの内容量は床置きタイプと変わらないこと
・後々移動させること
などを考えると省スペースで済むコンパクトサイズが選べるというのは大変助かります。

身長155cmの私と母が並んで、タンクのトップ部分と頭が同じくらいの高さにワゴンを調整し、設定しました。これなら丁度手を伸ばした位置にサーバーのコックがあるので大変使いやすいです。

このクリクラサーバーSタイプなら座卓の上などに設置しておけば、ご年配の方でも簡単にすぐ使えそうです。

コードの長さは2mでしたが、延長コードを使用しました

設置が終了すると電源コンセントを差します。

想像していたよりもコンセント自体の大きさも小さく、今回は壁から離れているため延長コードを使用しましたが、壁付けでしたらコードの長さも2m程ありましたので問題なく取り付け出来ます。コードを他の家具の後ろに這わせて、丁度いい場所に設置したり・・・と置き方も工夫次第で色々と出来そうです。

コンセントをさしたら、サーバー本体の後ろ右上上部にある赤い電源スイッチをオンするだけです。

コックの上のランプが点灯し、10分程ですぐ温水と冷水が出るようになります。

ずっと気になっていた「音」と「熱」

ここで、電源を入れるにあたりず〜〜っと気になっていたことがありました。

それは、サーバー動作の際の「音」と「本体の熱」です。

電気を流して稼働させていることもあり、勝手に多少の機械音とそれに伴い熱がこもってサーバーが嫌な熱を持つのではないかと心配していました。

冷蔵庫や他の家電の様に「ゴーーッ」「ウイイーーン」と夜中に音が鳴ったりしないかが不安だったのですが、心配はすぐに解消されました。

稼動時にする音は、タンクをサーバーに乗せた時に水を飲み込む「ボコボコボコッ」という音と、コックから冷水や温水を出す際にタンクから聞こえる「ボコボコッ」というごく普通な音の二つのみ。「ウイイーーン」というような機械音は一切しませんでした。

サーバー本体の熱も、手を当てると本体下部がほのかに暖かい程度で、熱を帯びている、熱い!という印象は全く受けません。これなら過剰な電気を使っている様な心配もなく、安心して置き続けられそうです。

飲みやすい温度にもおいしさの秘密があると感じました

本体には、温水と冷水2つのコックの他に、取り外し可能の水受け皿があります。

マグカップやグラスが余裕で置けるので、このスペースがあると、水やお湯を出している最中も一時置きも可能ですし、取り外して洗うことが出来るので常に綺麗な状態でサーバーが保てますね。

早速、冷水と温水を出してみます。

コックは温水は赤、冷水は青、と色分けされています。コック上のランプも同じ色で点灯しているので、夜中に飲みたい時など、暗がりでも注ぐときに分かりやすくて良いですね。

冷水の出し方は簡単。コックを指に挟み、上に引き上げると水が出てきます。引き上げた分だけしか出てこないので出し過ぎることがないのと、引き上げる力を弱くするとチョロチョロッとしか出てこないので、自分の力加減で量の調整が出来ます。

そして肝心の味ですが・・・・・とっても飲みやすい!!

一般の浄水器や市販のミネラルウォーターだと、どこかしら水自体にクセがあったり、微かな匂いがあったりするのが気になるんですが、それが全くないです。とてもまろやかで不純物がない感じ・・スッと喉を通っていきますし、かといって軟水特有の味が全く無い、というわけではなく旨みをしっかり感じます。

それに加えて、飲みやすい温度にも美味しさの秘密があると感じました。クリクラの冷水の温度は4〜10度ということですが、冷蔵庫で冷やして飲む水に、氷を1〜2個加えた位の冷たさを感じます。これなら冷蔵庫で水を冷やす必要も、わざわざ氷を作る必要もありません。いつでもおいしい水が簡単にすぐ飲めます。

温水の安全ロック機能

次に温水ですが、こちらは75〜85度の熱湯が出るのでコックに安全ロック機能が付いています。

コツは要りますが、力はいりません。小さなお子さんの居るご家庭ではこういう安全機能が付いているといたずら防止にもなり、安心して家に置けますね。

冷水と同じくコックを指に挟み引き上げます。

そのままコックを奥にグッと押し込みます。

これでロック機能が解除されましたのでそのままコックを下ろします。

すると温水が出ます。冷水同様、コックを下ろす力の加減を変えることで量の調整が可能です。

飲んでみると熱いですが、舌を火傷するような沸騰している熱さではなく、とても飲みやすい熱さです。味もお白湯として飲んでもそのままでも十分美味しいです。これは色々な飲み方のバリエーションが増えそうで期待が持てます・・!

ウォーターサーバー

クリクラ(CreCla)
口コミ体験者

tomoko
公式サイト[詳細]

クリクラ
口コミ体験記事

クリクラ口コミ体験記事一覧
クリクラの水体験デビュー(1/3)【現在閲覧中】
クリクラで温度調節ができることがありがたい(2/3)
クリクラの料金は実際いくらになったか計算(3/3)